• ホーム
  • アバナは元々日本で開発されていた

アバナは元々日本で開発されていた

笑顔で親指を突き出している男性

インポテンツ治療薬の開発は、製薬会社にとっては重要な位置づけです。
ファイザー社が世界で初めてインポテンツ治療薬バイアグラを製品化しました。
そのバイアグラは、効果がすごいということで、世界中に広まり大ヒットしました。
それだけ、世界中にインポテンツで悩んでいる人が多かった証拠です。
他の製薬会社もバイアグラの大ヒットに影響を受け、さかんに開発をすすめてきました。
ジェネリック製品でアバナという次世代の治療薬がありますが、アバナは元々日本で開発されていまいした。
アバナ成分であるアバナフィルは日本の田辺三菱製薬が、即効性もあり副作用が少ないインポテンツ治療薬の研究開発をしたのが始まりです。
しかし、海外での開発販売権をアメリカのヴィヴィス社に譲渡してしましました。
そして、アメリカのヴィヴィス社が開発して2013年に認可がおりた新しい治療薬です。
アバナは、とても即効性があります。
性行為の15分から30分前に服用すれば、すぐに効果があらわれはじめます。
かつては、即効性といえばレビトラでしたが、レビトラよりも即効性があると言われています。
また、副作用として顔のほてり、あかい顔になる、鼻づまり、頭痛、目の充血などがありますが、ほかのインポテンツ治療薬よりも少ないと言われています。
もし、このような副作用が出たとしても、自然におさまりますので、心配する必要ありません。
また、バイアグラは空腹時に服用しなれければ、効果が低下しましたが、この薬ですと食事と併用可能です。
しかし、あまり多くカロリーを摂取しますと効果が落ちますので、注意が必要です。
このように、アバナは最近開発された次世代インポテンツ治療薬といわれとても人気があります。
ぜひ使ってみることをおすすめします。