• ホーム
  • ステンドラとアバナについて

ステンドラとアバナについて

薬を飲む男性

ステンドラはED治療薬です。
中高年になると男性機能の衰えがでてくることが増えるのでこのような薬の使用を検討してみるのもいいかもしれません。
病院での処方せんの他、ステンドラの通販サイトで購入することができます。
ステンドラは主成分がアバナフィルで、特徴として服用してから効果が出るまでの時間が短いことが特徴です。

ED治療薬といえばバイアグラを連想するかたが多いと思いますが、高価であることと効果がでるまでに1時間程度かかることが難点です。
アバナフィルであれば15分から30分と早いです。
また食事のあとに飲むと効きにくくなるED治療薬がありますが、ステンドラならそんなに服用時間と食事を考える必要はありません。

ステンドラの利点は効果が出やすい、食事の影響が少ないなどがありますが、副作用も少ないです。
服用によって陰茎の血流が改善されることで勃起がしやすくなりますが、なかには顔がほてったり、頭痛がするという副作用がでることがあります。
でもこれらの症状は数時間程度で治まります。
それにこのような副作用がでるのもわずかなケースだけです。
このように書くといいことばかりですが、やっぱり値段がやや高めなのが残念です。
でもアバナフィルを含む薬はステンドラだけではなく、アバナという商品名で販売されているものもあるのです。
アバナは先発医薬品のジェネリック医薬品で、安く購入することができるのです。

ジェネリック医薬品はなぜ安いのか。
新しく薬を作るときは人による臨床実験が必要です。
また特許期間の間は他の会社は売ることができません。
ところが特許期間が終了すると他の会社も製造することが可能になります。
成分は同じ、しかも薬の効果や安全性は立証されているので開発費用も新薬ほどかかりません。
そのため価格が安いのです。